箱根強羅公園

NEWS一覧

箱根クラフトハウス切子体験

まえち初めての切子作品

こんにちは、強羅公園 まえちです。

昨日は1日中雨でしたが久しぶりにすっきりとした良いお天気で、気温も9月に入ってから1番高くなっています。

雨の日には静まり返っている園内も、本日はセミの鳴き声が聞こえてきて夏が戻ってきたかのよう。。。

 

先日、強羅公園内にある箱根クラフトハウスで切子の体験をさせていただきました!

公園スタッフとクラフトハウススタッフの交流を図る&お客様へより分かりやすくご案内することを目的として行いました。

 

‐‐‐‐‐切子体験‐‐‐‐‐

料金:3,500円~ (作る作品によって料金が変わります)

アクセサリーコース・スタンダードコース・プレミアムコースから選択

作業時間:約60分 (作業時間とは別に申込用紙の記入や作る作品選びに+20分)

作品は当日持ち帰りが可能ですが、ワンランク上のプレミアムコースを選択した場合は仕上げに時間を要するため後日発送となります。

*切子体験は11歳からとなります

 

①まずはクラフトハウス2階受付にて申込用紙を記入し、作る作品、ガラス生地を選びます。

今回まえちはスタンダードコースの冷酒(おちょこ)を選択しました^^

他にも背の低いグラスや平皿、アクセサリーコースではヘアゴムやネックレス、タイピンなども選べます。

②その後簡単に流れの説明・注意事項を聞き、早速カットの練習。

はじめにスタッフのお手本を見てから実際に自分で機械の電源を入れ、10分程度カットの練習をします。

③ガラスにペンで下書き。デザインを変えたくなってもスタッフに声をかけると消してもらえます。

まえちは斜めに長い線を入れたかったのですが、試しにやってみたら難しかったので断念しました…

④本番!早速自分で選んだガラス生地をカットしていきます。

ガラスの底に近い部分は見えづらくなり少々難しくなるので、まずは縁に近いところから進めます。

⑤すべてカットし終わってから下書きの線を消してもらい、バランスを見て修正。

緑色のガラスは線を太くするまたは模様が多い方が引き立つとアドバイスをもらったので模様を足しました^^

⑥改めて綺麗に拭いてもらい、完成!

 

初めて切子体験を行いましたが集中力の必要な作業でした。

小さなグラスの口を手前に中から覗いてカットしていきますが、交差する線の中心を合わせるのが難しかったです^^;

少しの失敗であれば線を太くしたり長くしたりでごまかすことができ、スタッフに声をかけると適切なアドバイスももらえます!

ガラスに回転するカッターを当てるので割れてしまうのでは…と不安でしたが案外強く当てても割れません。

(しかし年に数人は割ってしまう人がいるようです。。)

アクセサリーコース・スタンダードコースでは当日持ち帰りができるのもお手軽でおすすめです^^♪

 

現在、箱根クラフトハウスでは平日は本館のみの営業、休日は本館・とんぼ玉のみの営業となっておりますのでご注意ください。

申込用紙
ガラスの種類や色がたくさんあるのでどれにしようか迷ってしまいます
家族やお友達とお揃いで作っても楽しそう♪
ガラスを削る機械
回転するカッターにガラスを押し付け、模様をつけていきます
ペンで下書き。用紙をもらえるのでまずは紙の上で構想を練っても◎
完成品☆
しっかり感染予防対策も取られているので安心です